1月
25
2010

Flash CS5ではフルFlashで携帯電話向けコンテンツが作成でき、iPhoneにもアプリと


AdobeCS5では、フルFlashで携帯電話向けコンテンツが作成でき、iPhoneへもアプリとして書き出せる!そうです。ということは、Flashを押さえれば、今はそれぞれで異なるスマートフォン開発も統一して行うことが出来るということでしょうか?

ここ連日行われているAdobe MAX 2009イベントにて発表されている、次回発売されるAdobeCS5シリーズ情報。

プロ向け写真編集ツールPhotoShopに関しては、今までパスやらスタンプツールを使いこなす必要があったPhotoShopの写真合成が、大幅に楽になるらしいという動画が先日アップされてましたが、何とFlashの方も大きい動きがあったそうで。

それが今回のビッグニュース

1、Flash CS5ではフルFlashで携帯電話向けコンテンツが作成できる

2、iPhoneにもアプリとして書き出せる!

という話です。

ほんまかー?

「1、Flash CS5ではフルFlashで携帯電話向けコンテンツが作成できる」について、携帯電話のスペックは年々PCに追いついて来てはいますが、一方で最近のFlashはBlu-ray並の動画が配信できるというのも売りの一つになっていたはず。

そういった点も含めて「フル」Flashが登載されたとしてもまだ実用レベルで動く物なのか、処理的にきついんじゃないのかなと思うのですが、どうでしょうか?

「2、iPhoneにもアプリとして書き出せる!」について、RealPlayerやPalmがiTunesと繋がります!とうたっていても、Appleから許可を得て搭載した機能では無いだけにiTunesの次のアップデートからは接続できなくなった※という話がありました。

※ただ両メーカーともすぐにその新バージョンに対応したものを出しましたが。

まぁC#と.NETでiPhoneアプリが使える!という開発ソフトもありますし、Apple公認(もしくは黙認)ソフトなら問題ないのですが、OSバージョンアップしたらFlashアプリが動かなくなるという展開なら困りますね。どうなんでしょう?

不安点はさておいて、簡単なスマートフォンアプリを開発するならFlashで決まり?!

いまスマートフォンでバイナリレベルのアプリを開発するなら

iPhone・・・Object C

Android・・・Java / C++

Windows Mobile・・・VC++(もしくは.Net関連)

といった言語に精通する必要があるのですが、もしそれぞれの環境でFlashが快適に動き、且つアプリ側もマシンスペックを要求されないものであれば、クロスプラットフォーム開発がよりし易くなるのでしょうか?!、登場が楽しみです!
・・・Action Scriptまた覚えないとなー。

引用

http://kuze.tsukaeru.jp/tsunezune/archives/2009/10/000349flash_cs5flashiphone.shtml

About the Author:


年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」