Browsing articles from "8月, 2011"
8月
29
2011

幸福のりんご アメーバピグでほんとに起こった物語

おおおお
昨日本屋さんに行ったらこんな本があった!

幸福のりんご アメーバピグでほんとに起こった物語
ちょっと面白そう!
数ヶ月前にアメーバピグを調査やったらさ、
小学生とか多かった・・・。ビックリ
小学生からこんなこといっぱい出来ていいなーーー!
うらやましい!
Twitter×アメブロでビジネスを加速する方法

8月
28
2011

チラシ

ヤバイ超ヤバイ。不動産のチラシマジヤバイ。
まず。築五分。これだけでもやばいのに
築五分なんてもんじゃない。
駅から五年。
何処の駅からだよ。
iPhoneからの投稿

8月
28
2011

ポイントカード

店員「当店のポイントカードはお餅でしょうか」
ぼく「えっ」
店員「当店のポイントカードはお餅ですか」
ぼく「いえしりません」
店員「えっ」
ぼく「えっ」
店員「まだお餅になってないということでしょうか」
ぼく「えっ」
店員「えっ」
ぼく「変化するってことですか」
店員「なにがですか」
ぼく「カードが」
店員「ああ使い続けていただければランクがあがってカードが変わりますよ」
ぼく「そうなんだすごい」
店員「ではお作りいたしましょうか無料ですよ」
ぼく「くさったりしませんか」
店員「えっ」
ぼく「えっ」
店員「ああ期限のことなら最後に使ってから一年間使わないときれます」
ぼく「なにそれこわい」
店員「ちょくちょく来ていただければ無期限と同じですよ」
ぼく「なにそれもこわい」
店員「えっ」
ぼく「えっ」
iPhoneからの投稿

8月
28
2011

Twitterで面白かったツイートコピペ

ネタに大切な要素は以下の5点である。 ・独創性 (Originality) ・情熱 (Passion) ・苦労 (Pains) ・技巧 (Art) ・面白さ (Interest) これらをまとめて『OPPAI』と呼ぶ。
「先生、トイレー!」「先生はトイレじゃありません!」「私は先生とトイレという二つの単語を発しただけでその二つを結びつける助詞やそれに類する暗喩は一切使っておりません。にも拘らずそうと決め付けるということはむしろ先生のほうに潜在的なトイレという自覚がおありなのではないでしょうか」
おいスーパーの短冊で「彦星爆発しろ!」って書いた奴。マジレスすると17光年程度しか離れてない彦星ことアルタイルが何を間違ったか「よーしいっちょ超新星爆発してみっか」と要らんやる気出したら半径5光年は即死、50光年先まで壊滅だ。宇宙なめんなよ、お前の願いで近所のスーパーがノヴァい。
イクラちゃんは「は」「ー」「い」「ちゃ」「ー」「ん」「ば」「ぶ」「ー」だったら喋れるんだよな。だったらママと中華料理屋に行って「何頼む?」「チャーハンは半分」「お茶は何頼む?」「茶葉はハブ茶」「ママのことどう思う?」「淫売ばーちゃん」くらいは喋れるんだよな。
「お前は見られている」が宗教。「見られていなくても」が道徳。「どう見ているか」が哲学。「見えているものは何か」が科学。「見えるようにする」のが数学。「見ることが出来たら」が文学。「見えている事にする」のが統計学。「見られると興奮する」のが変態。
避難訓練で思い出したけど、私のところは「押さない・走らない・喋らない・戻らない」のおはしもだった。しかし中学のとき「おはしもの略を答えなさい」と言われたA君が即興で答えた「惜しむべき命だったが、灰となり消えゆく。死なぬ人は居らず、もう戻れない」の破壊力はい健在。
森ガールが草食系男子に食われ、草食系男子が肉食系女子に食われ、肉食系女子が腐って腐女子になり、腐女子が森ガールの肥料になる。肉食系女子が腐らずに乾燥すれば干物女になり、森ガールが草食系男子に食われる前に収穫して加工すればスイーツ(笑)になる。という「男の草食化」と「女の多様化」。
電話対応テンパリすぎて「恐れ入り申すが」とか「承知いたしまする」とか崩壊した敬語を連発しまくってたら今日ついにお客様から「あの武士の子いる?」って電話かかってきたでござる切腹したい。
電車で老夫婦が仲良さげに手をつないで座っていて、向かいの若いカップルの女のほうが「ねぇあれみて、恥ずかしいよね。おじいちゃんとおばあちゃんだよ?私ら、ならまだしもww」「へー、じゃあ別れようか」「何で?!」「お前とはああなれないし、今なりたくないと思った」 彼氏よ、よく言った。
iPhoneからの投稿

8月
28
2011

コンビニ

電車の中で泣き出した女の子を「だっからさァ!弁当はセブンのが一番うまいけどミニストップのハロハロ激アチィしローソンと言えばからあげくんじゃん!みんな違ってみんないいの!おめーにはおめーのいいとこあんの!」って高校生くん一生懸命慰めてた。高尚な言葉を並べ立てなくてもちゃんと伝わる。
iPhoneからの投稿

8月
28
2011

ぴあ

ぴあが廃刊になる。ぴあと言えば、どんな小さな劇団もライブも掲載依頼があったら全て掲載した。その理由は、地方から上京して演劇や音楽に打ち込んでる若者たちは、田舎の両親から常に帰ってこいと言われてる。だが雑誌に載れば、たった1行の記事でも田舎の両親は安心する。だから載せるんだと。
iPhoneからの投稿

8月
28
2011

キャプテン翼

Q「なぜ翼くんはボールと友達程度の関係なのか」
A「ボールに手を出していいのはキーパーだけだから」
iPhoneからの投稿

8月
27
2011

TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」

夫・鈴木おさむから妻・大島美幸への手紙
結婚10年目を目前にして、みぃたんへ
僕とみぃは今年の秋で結婚して10年目になります。
本当にあっという間でした。
交際0日で結婚すると言う、他の人があまりしない結婚だったし、婚姻届けを出しに行った日が初めて二人きりになるなんて普通じゃありえない結婚。
婚姻届けを出して、初めて二人きりでファミレス行って、みぃが最初に言った言葉が「なんか気まずいですね」だもんね。結婚しちゃっているのに。
結婚してから、みぃは僕に敬語だったし、最初は本当にぎこちなかったのに、あれから9年たって、こんなに仲良く楽しい夫婦になれたのはみぃのおかげです。
これまでは鈴木家ではたくさんのルールをみぃが作ってくれました。
最初にみぃが作ってくれたルールが、お互いをニックネームで呼ぼうというもの。
僕はみぃのことを「大島」と呼び、みぃは「おさむさん」と呼んで僕にはすべて敬語。
ある日突然、みぃが「これじゃあぜんぜん仲良くなれないから呼び方をかえよう」とルールを作ってくれた。
みぃのことを「みぃたん」、僕のことを「むぅたん」と呼ぶことになった。正直、最初は罰ゲームだったけど、一週間たったら、敬語もとれて、僕がみぃに膝枕するくらいになってた。呼び方って本当に大切なんだなって思った。
そのほかにもみぃは、たくさんのルールを作ってくれました。
○誕生日、クリスマス、結婚記念日のプレゼントは大切にする
○より嬉しいプレゼントを渡せるように、お互いの日々の言動を聞き逃さないようにする
○メールは送るときは最低3行以上は絶対に書く
○交換日記を毎日書く
他にも沢山沢山あるけど、みぃが作ってくれたルールのおかげで、どんどん仲良くなって、僕もみぃのことをどんどん愛していったし、みぃも僕を愛してくれるようになりました。
本当に本当に結婚して良かったなって思えるし、みぃと出会えて幸せだったと思ってます。
ただ、一つ困ったのは、みぃはうまいお菓子とかたくさん知ってるから、むぅもどんどん太って行っちゃって、75キロだった体重が98.8キロまでになっちゃった。
完全にデブ夫婦になったね。
そんなデブ夫婦の僕らを、結婚10年目を目の前にして、
金スマがタニタダイエットをさせてくれることになった。
僕もみぃもほぼ人生マックスの体重になってたから、
そして始まった一ヶ月のタニタ生活。
最初は僕も不安。みぃも不安。始まる数日前から夫婦でカリカリしてたね。
だって、今までは週に二回は一緒に夜食事に行っていた。しかも深夜に焼き肉とかそんなのばっかり。
だけど、この生活をすると、それが出来なくなる。本当に不安だった。
でも、始まってみて、そのご飯のうまさとマンプクぶりに本当にビックリした。
みぃは最初の頃はすぐに「腹減ったー」って言ってたけど、そのうちあんまり言わなくなったよね?
10日ほどたったころだろうか?
このタニタ生活を始めてから本当に本当に体調がよくなったことに気づいた僕が、みぃにその話をしたら、みぃも「本当に体調がいい」と言ったよね?
そのときに、「こんないい体調だったら、前みたいな食生活を直したい」と言ったよね。
タニタ生活を一ヶ月。
この生活のおかげでたくさんのことに気づけました。
残念ながら、一緒に食事をすることがあまり出来なかった。
だけど、三食一緒のものを食べていた。93食、同じものを食べた。
今まで出来なかった経験だった。
その生活を出来たおかげで、今までなんとなく見過ごしたことにも気づけました。
だから、今まで鈴木家のルールはみぃが沢山作ってきたけど、結婚10年目を前にして、今度は、僕から鈴木家のルールを提案したいと思います。
おさむと美幸が結婚10年目を超えて、もっと幸せになれる10のルール。
① 週に一度は一緒に朝ご飯を食べよう
今まで家で一緒に朝ご飯を食べることはほとんどなかった。でも、このタニタ生活のおかげで、何度か朝ご飯を一緒に食べられることが出来た。
朝ご飯を食べるとその日一日のパワーの出方が違うことが本当に分かった。
簡単な料理でいい。オクラとご飯とキムチスープでいい。
週に一度は一緒に朝ご飯を食べよう!
② 週に一度は一緒に夜、家で作った料理を食べよう
今までは、僕もみぃも時間があまり合わないから夜、外食ばかり。
たま~に料理を作ってくれても、夜中にしか食べることが出来なかった。
でも、週に一度はみぃが料理を家で作ってくれれば、会議と会議の合間でも家でご飯を食べるために帰ってきます。それが夫婦にとってとても大事だって分かったよ。
だから、みぃも作ってほしい。
みぃも仕事してるから、なかなか出来ないかもしれないけど、そういう時はいつもみぃがやってくれている掃除、洗濯を僕が少しでもやれるようにします。
みぃが作った健康的な料理を、夜ごはん、一緒に食べよう。週に一度は。
ちなみに、そのあとにアイスを食べるのはよしとしよう!
③ 野菜を食べよう
野菜がどんだけ体にいいか分かったね。みぃは嫌いな野菜も多いけど、今回好きになれたのもあったよね??サラダだけじゃなく、色んな調理法があって、野菜ってうめーなって本当に分かった。だから、野菜を沢山食べようね。
今日、スーパーに行って、ブロッコリーとオクラを沢山買ってきました。
④ 家で魚を焼いてほしい
夫婦の生活をしていると、地味に我慢したり言えないことって沢山あるよね。それを言えるかどうかって夫婦にとってとても大切だと思う。
僕は千葉の房総出身で魚が大好きなのはみぃも知ってるよね?でも、みぃは魚を触れないし、魚の生ものも食べられない。それに綺麗好きだから、魚を一回焼くと、網が臭くなるし汚くもなるから、あんまり魚を家で焼くのも好きじゃなかったよね?
でも、僕は「本当は家で沢山、沢山魚を食べたい!」。
これがみぃにあんまり言えなかった本当の思い。
だけど、このタニタ生活のおかげで、みぃは魚のう

8月
27
2011

一時間いくら?

ヘタレプログラマーは,今日も仕事で疲れきって,遅くなって家に帰ってきた。
すると,彼の5歳になる娘がドアのところで待っていたのである。
彼は驚いて言った。
「まだ起きていたのか。もう遅いから早く寝なさい」
「パパ。寝る前に聞きたいことがあるんだけど」
「なんだ?」
「パパは,1時間にいくらお金をかせぐの?」
「お前には関係ないことだ」
ヘタレプログラマーである父親はイライラして言った。
「なんだって,そんなこと聞くんだ?」
「どうしても知りたいだけなの。1時間にいくらなの?」
女の子は嘆願した。
「あまり給料は良くないさ・・・20ドルくらいだな。ただし残業代はタダだ」
「わあ」
女の子は言った。
「ねえ。パパ。私に10ドル貸してくれない?」
「なんだって!」
疲れていた父親は激昂した。
「お前が何不自由なく暮らせるためにオレは働いているんだ。
それが金が欲しいだなんて。だめだ!早く部屋に行って寝なさい!」
女の子は,黙って自分の部屋に行った。
しばらくして,父親は後悔し始めた。
少し厳しく叱りすぎたかもしれない...。
たぶん,娘はどうしても買わなくちゃならないものがあったのだろう。
それに,今まで娘はそんなに何かをねだるってことはしない方だった・・・
男は,娘の部屋に行くと,そっとドアを開けた。
「もう,寝ちゃったかい?」
彼は小さな声で言った。
「ううん。パパ」
女の子の声がした。少し泣いているようだ。
「今日は長いこと働いていたし,ちょっとイライラしてたんだ・・・
ほら。お前の10ドルだよ」
女の子は,ベットから起きあがって,顔を輝かせた。
「ありがとう。パパ!」
そして,小さな手を枕の下に入れると,数枚の硬貨を取り出した。
父親はちょっとびっくりして言った。
「おいおい。もういくらか持ってるじゃないか」
「だって足りなかったんだもん。でももう足りたよ」
女の子は答えた。
そして,10ドル札と硬貨を父親に差しのべて...
「パパ。私,20ドル持ってるの。これでパパの1時間を買えるよね?」
iPhoneからの投稿

ページ:1234»
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」