Browsing articles from "5月, 2012"
5月
31
2012

35 Fresh Internet Startups Featuring Brilliant UI Design

35 Fresh Internet Startups Featuring Brilliant UI Design

35 Fresh Internet Startups Featuring Brilliant UI Design


Just back a decade ago everybody was talking about web 2.0 trends. The Internet was bustling with hundreds of new startup ideas following MySpace, Friendster, Facebook, Twitter, and now even things like Foursquare and Pinterest. The advancing world of tech startups has proven there is no shortage of new ideas.

And when it comes to web design the scenario is very similar. I have put together 35 examples of new startups which feature brilliant layout designs. Some are web applications, others are social networks, and even a few sites are built around mobile apps. But all of these startups bring new ideas into an otherwise stagnant digital market.

Saas Pose

 

All My Apps

Medigram

Collba

Path

Popset

SendHub

Localmind

Pinterest

Punchfork

BrandMyMail

Hall.com

Bugrocket

Picfull

Trippy

Farmigo

Fab.

bre.ad

we heart it

Sparked

JobSpice

Onswipe

Papyrs

meetin.gs

Magisto

Vayable

Star.me

Slidebomb

like.fm

Chewsy

Keepio

Miimr

Gridulator

ffflourish

Clueapp

5月
30
2012

Facebook、顔認識技術企業Face.com買収に向けて交渉中か

Facebook、顔認識技術企業Face.com買収に向けて交渉中か

イスラエルのビジネスニュースサイトCalcalistによると、ソーシャルネットワーク大手Facebookが顔認識技術を開発するイスラエルの新興企業Face.comの買収に向けて交渉中であるという。

Facebookは8000万ドルから1億ドルの買収金額を提示しているようだとNewsgeekの記事には記されている。

米CNETはFacebookにコメントを求めているが、回答は得られていない。

Face.comは2009年、無料のFacebook向けサードパーティーアプリケーション「Photo Tagger」と、Facebook向けの認識ベースのアラートサービスをリリースして一躍脚光を浴びた。Photo Taggerは、顔認識技術を利用して写真に写っている人々に自動的にタグを付けるアプリケーションである。2010年には、Face.comはオープンAPIをリリースし、サードパーティー開発者らが独自のアプリケーションに同技術を組み込めるようにした。

Facebookは以前から、Face.comの買収に関心を示しているとうわさされていたが、提示金額が低く拒絶されたと報じられていた。

しかし、同社にとって最近、大金の支払いは難しいことではないようだ。同社は、2012年4月に写真共有アプリケーションを提供するInstagramを10億ドルで買収してから、次々と買収に乗り出している。買収金額は公表されていないが、ソーシャルディスカバリーサービスのGlanceeやソーシャルギフトサービスのKarmaを買収した。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

5月
29
2012

まさに史上最高のプロポーズ! 60人以上の友人・家族と共に行われた素敵すぎるプロポーズに世界が大感動

まさに史上最高のプロポーズ! 60人以上の友人・家族と共に行われた素敵すぎるプロポーズに世界が大感動

現在あるプロポーズが世界中の人々に感動をもたらし、大きな反響を呼んでいる。

「Isaac’s Live Lip-Dub Proposal」という動画には、Isaac LambさんからAmy Beth Frankelさんへ送られた「史上最高のプロポーズ」の一部始終が映し出されており、多くの人に満面の笑みをもたらしている。

動画の冒頭には、Isaacさんが書いたと思われる次のような文章が浮かび上がってくる。

「2012年5月23日水曜日、Amyを私の両親の家で会おうと呼び出しました。Amyが着くと、彼女をホンダCRVの後ろに乗せ、ヘッドフォンをつけさせるよう弟に指示を出しました。ある曲を聴いてもらうために……。しかし彼女が目にしたものは、世界初の口パクライブプロポーズだったのです」

この文章どおりAmyさんは、Isaacさんの弟の言われるがままに車の後ろに乗り、ヘッドフォンを装着。するとBruno Marsの『Marry You』が流れ始め、想像にもしなかった壮大なプロポーズパフォーマンスが目の前で始まったのだ!

曲のスタートと共に車は動き出し、その後を追うように、IsaacさんとAmyさんの友人・家族が次から次へと登場。その数なんと60人以上! みんな2人の結婚を後押しするかのように、なんとも楽しそうな表情で歌ったり、踊ったりしており、これにはAmyさんも大喜び。

そしてすべてのパフォーマンスが終わると、ついに今回の主役Isaacさんが登場。Amyさんを前にひざまづき、「君はもう僕に、一生分の幸せを与えてくれた。それと同じだけの幸せを、僕の残りの人生を使って君に返させてくれないか? 結婚してくれ」とプロポーズ。

答えはもちろん「Yes」! 2人はみんなに祝福され、感動のエンディングを迎えた。この素敵すぎるプロポーズビデオには、世界中の人が心打たれており、次のようなメッセージが動画に寄せられている。

「本当に素晴らしくて、何度も繰り返し見てしまった。心が笑顔になったよ」
「世界の歴史上、最も素敵なプロポーズだね。素晴らしすぎて、涙なしには見られない」
「これは、この曲の公式PVにすべきだ」
「凄くよかった! この世界にはまだまだ素敵な人がいることを思い出させてくれた」
「私は身長190.5cmの元国際ラグビー選手だけど、これを見て泣いたことを恥ずかしく思わない! 彼らを本当に尊敬するよ」
「自分のためにこんなことをしてくれる友達を60人も持つなんて、Isaacは世界一素敵な人に違いない」
「これがお金で買えないものだね」
「動画中、ずっと泣いてしまった。本当に感動的」
「あーあ、Isaacと出会っていたら、私もYesと言ったのに」

ちなみに動画の最後は、以下のようなIsaacさんからの心温まるメッセージで締めくくられている。

「僕のプロポーズに協力して下さった60人以上の友人・親戚のみなさん、ありがとうございました。みなさんには本当に助けて頂き、感謝のしようがありません。それから僕のプロポーズ作戦に協力してくれた相棒のMcGinertonには、とても感謝しています。そして最後に、Amyへ……『yes』と言ってくれてありがとう」

(文=田代大一朗

参照元:YouTube/RobertaFosse

5月
24
2012

“日本のウェブサイトのデザインが2003年から進化していないのではないか?”

日本のウェブデザインは時代遅れ?

日本に関する情報を紹介するアメリカのサイト『Tofugu』が、「Japanese Web Design: Why You So 2003?」というタイトルで、“日本のウェブサイトのデザインが2003年から進化していないのではないか?”という内容の記事を公開し、ネット上で議論の的となっている。

『Tofugu』の記事で、“日本的なデザイン”のウェブサイトとして紹介されているのは、楽天市場、ニコニコ動画、Gigazineの3サイト。それぞれに共通する特徴として、「文字量が多い」「画像が小さい」「3つのカラムに分かれている」「余白が少ない」「リンクが青文字」「混沌としている」というものが挙げられている。

一方、デザインが美しい日本のサイトとして紹介されているのが、ユニクロ、石山染交(東京都墨田区の染工場)、豊田市美術館など。いずれも、“日本的なデザイン”のサイトに比べると、すっきりしたデザインとなっている。

つまり、記事で主張されているのは、日本のサイトは多くの要素が詰め込まれてゴチャゴチャしてしまう傾向にあり、ウェブデザインが洗練される以前の2003年頃のものに近いのではないか、ということ。その要因として、日本では個人へのパソコン普及が比較的遅かったこと、旧式のウェブブラウザであるInternet Explorer 6を利用しているユーザーが少なくないこと、アメリカに比べるとFlashの普及が遅かったことなどが挙げられていた。

この記事について、2ちゃんねるでは「【画像あり】日本のWEBデザインが2003年で止まっていると話題に」というスレッドが立てられ、ネット住民たちの間で以下のような意見が交換されている。

「1ページに表示されてる情報が多すぎると、判断に無駄に頭のリソースが
割かれて疲れる。つーか結局どこもクリックせずにスルーしちゃう」
「一時期、フラッシュがゴテゴテついてるサイトが流行になった時期になったけど
評判悪かっただろ
2ちゃんねるだって未だにフォーラムじゃなくて掲示板形式で画像貼れないし。
AAとかアナログすぎるけどこれでいい」(原文ママ)
「詰め込みすぎ
ただし海外サイトは説明不十分の箇所も多いからどっちもどっち
日本サイトはフォントを揃えるくらいできないものか」

やはり、日本のウェブサイトについては「ゴチャゴチャしている」という見方も多いが、かといって「デザイン重視」に走りすぎるのも違う、というのがネット住民の意見だといえそうだ。

ちなみに、同スレッドでは「デザインも利便性も兼ね備えた」サイトとして、セイコーの公式サイトが挙げられていたほか、「デザインがかっこいい」ということで、中尊寺、清水寺、東寺などの、寺院のサイトが紹介されていた。

Japanese Web Design: Why You So 2003?

When I think of Japan I tend to think of beautiful design. Zen gardens, temples, shrines, tea ceremonies, manga, anime, wabi-sabi… the list goes on and on. Yet for some reason Japan just can’t put any of this together to make a decent looking website. Where did they go wrong? What in the world happened? Time to find out.

Japanese Websites

Let’s start out by looking at some bigger Japanese websites. These are just a few examples that will give you an idea about the “Japanese aesthetic” when it comes to web design.

Rakuten

Rakuten is a lot like the Amazon of Japan (with a bit of Ebay thrown in). Japanese websites love text, and this is no exception. While there’s a few images here, the more you scroll down, the more text you end up seeing. You’d think that a shopping site would want to have more images to entice you, but the Japanese web aesthetic of textiness is strong with this one.

NicoNicoDouga

NicoNicoDouga is like the YouTube of Japan if YouTube wasn’t already the YouTube of Japan. It’s particularly known for the ability to add comments right onto the video screen. Once again, we see a ton of text. We’ll delve into why this is in a little bit, but it must be important if you cover your video website with text instead of video, right?

Gigazine

Gigazine is a popular tech blog in Japan. It’s full of strange color choices, missing padding, and advertisements. Though this site is fairly image heavy for a Japanese website, just keep in mind that it’s catered towards the more tech-savvy, which is obviously why this is such a beautiful website. Speaking of which, how many ads can you spot?

Japanese Website Aesthetic

So what is the “Japanese Website Aesthetic?” There are quite a few patterns that show up again and again in Japanese web design, I think.

  • A lot of text, really packed in there
  • Smallish sized images
  • Columns, usually three of them.
  • Poor use of white space / padding
  • (often) blue URL coloring
  • CHAOS

What does this sounds like… does it sound like American web design in the 90s / Yahoo’s current design to you? It certainly feels that way to me. How did this come to be? Why is Japan, the world’s leader in robotics, hybrid cars, and Gundam models, so far behind when it comes to the web? Where did they go wrong?

Mobile Phones

Mobile phones have ruled in Japan for quite a while, though personal computers are definitely catching up. Back when Americans were getting heavy laptops and Gateway computers, the Japanese were texting up a storm on their futuristic cell phones. Because of this alternate tech history, a lot of Japanese websites were designed for flip phones and eventually this became part of the aesthetic. To make a website work well on phones like this, you need to do a few things:

  • Skinny columns (that just go on top of each other on a mobile device)
  • Textiness… lots and lots of textiness.
  • Smaller images (they load faster!)

If you look at the example websites above, you’ll see that they have all of these things. While a lot of bigger companies have the resources to create completely separate designs for mobile and computer, smaller companies can’t do this. What’s the solution? They just end up making a website that (sort of) works in both. That explains why so many websites kind of look like they’re supposed be viewed on your phone… because they should viewed on your phone!

Slow Personal Computer Adoption

Nowadays individual computer use is really picking up in Japan. Ten or fifteen years ago, not so much. As I mentioned before, it was cell phones that won this war of Internet dominance. Now though, more and more people are starting to use personal computers. Although the current aesthetic has been built up around mobile phone use, I expect to see a shift as more and more people hop on computers. I don’t think Japan will catch up right away (it’s kind of like how developing nations are supposed to go through their industrial revolution, or something), though I do hope it moves pretty fast. I do not enjoy navigating you, Japanese web. You hurt my eyes.

Internet Explorer 6

When it comes to Internet Explorer 6 usage, Japan actually rolls in at third for the entire world. Only China (23.8%) and Korea (6.3%) out-muscle Japan (6.1%) in this out-of-date-browser-war. When you have this many people using such a terrible browser, you have to design with it in mind. IE6 limits what you can do design-wise, which means you have to make a choice: Do I make my website look not as good as it could be? Or, do I ignore this 6.1% of people and design how I want?

This isn’t even when you take into account IE7, which is better, but still not all that great to work with. Until people upgrade to better and more modern browsers, better design will remain more difficult. Not impossible, but this certainly doesn’t make things any easier. How do you get around this? Flashhhhh.

Flash

Remember when America was all into Flash? I feel like Japan’s been going through that lately, which seems right on target because they’ve always been about 10 years behind in the game that is web design. If you design in Flash, you don’t have to worry so much about IE6. That being said, the most popular phone in Japan (iPhone) doesn’t work with Flash. Right now Japanese web design is a little too buddy-buddy with flash in my opinion. It makes for poor user experience, generally, which goes right along with all the other problems that Japanese web design has. Hopefully we’ll see them kick this “fad” to the side of the road here pretty soon, especially with touchscreen mobile getting so important.

It’s Not All Bad, Though

All that being said, there’s a lot of great web design coming from Japan as well. To round out this article, I thought I’d share some examples of beautiful web design. Click on the images to see the actual site in action.

Uniqlo

Ishiyama Senkoh

toyota art

Toyota Municipal Museum Of Art

Hanamichiya

Swiss

Taromagazine

Takeo Paper Show

While a lot of these websites are a lot better looking (in my opinion) than the examples shown at the top of this article, though some of them are done in Flash (ick). I suppose if you’re looking to design with IE6 in mind, Flash is a good way to get around that?

Whatever happens, though, I’m really looking forward to the evolution of Japanese web design. With everything except web design, Japan has such an interesting aesthetic. If it could be applied to Japanese web design, well, I think we’ll end up seeing some really innovative stuff.

So, here’s to hoping they don’t actually follow in our footsteps. If they can avoid the phase where everything’s a ridiculous gradient… well… I’ll be happy. Wabi-sabi it up, please.

5月
22
2012

Happy Food

色とか可愛いな♡

5月
15
2012

写真好きが集まる「500px」

写真好きが集まる「500px」、Flickrより手頃な有料サービス開始

カナダのオンライン写真サービス「500px」がPlusという有料サービスの提供を開始した。写真アップロードやコレクションの作成が無制限で、価格はFlickrのProアカウント(24.95ドル/年)よりも安い19.95ドル/年に設定されている。

500pxは、高品質な写真にこだわり、プロやハイアマチュア、写真を趣味とする人たちにとって使いやすいサービスを目指している。WebサイトやiPadアプリでの写真表示が美しく、写真のクラウドバックアップに便利なFlickrよりも、写真を鑑賞したり、写真を見せるのに適したサービスと言える。

Plusアカウントはアップロードとコレクション作成が無制限で、写真を販売できる個人ストアが付属する。また統計機能の利用が可能。期間を設定してLike/Dislike、お気に入り、コメントの数を確認したり、熱心に写真を見ているフォロワーや友達、人気の高い写真などをひと目で把握できる。

なお無料アカウントはアップロードが10件/週で、個人ストアが付属する。Awesomeという上位の有料アカウントは49.95ドル/年で、Plusのサービスに、カスタムドメインやGoogle Analyticsサポートなどを含むポートフォリオサービスが加わる。

webのサービスかと思ったらアプリもあるんですね!

500px|【iPad】厳選された美しい写真を閲覧する共有サイト「500px」をiPadで楽しむ

 

5月
15
2012

【動画】GAGA出演シンプソンズ予告ムービー公開、生肉ドレスも

THE SIMPSONS – Promo for “Lisa Goes Gaga” airing SUN 5/20

FOXが、アメリカの人気アニメ「The Simpsons(ザ・シンプソンズ)」の最新エピソード「Lisa Goes Gaga」の予告編を公開した。5月20日に放映される「Lisa Goes Gaga」では、LADY GAGA(レディー・ガガ)が本人役として参加。過去に世間を賑わせた生肉ドレスなど、過激な衣装をまとった”アニメーション・ガガ”を見ることができる。

ページ:12»
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」