Browsing articles in "スマートフォン、タブレット"
6月
19
2012

[ #WWDC2012 ] iOS 6でiPhoneやiPadにこんな新機能がやってくる

[ #WWDC2012 ] iOS 6でiPhoneやiPadにこんな新機能がやってくる

全く新しい地図からSiriの新バージョンを含め、様々な新機能を搭載してやってくるiOS 6。もうすぐみなさんのiOSデバイスにやってくる新機能をまとめました。(随時更新)

1. Siri

Siriは常にアップデートされていきます。iOS 6ではスポーツの試合結果にも対応します。

また、YelpOpenTableが統合され、近所の良いイタリア料理店について質問すれば、Yelpの情報から最良のお店を探して、OpenTableを使って音声で予約までできちゃいます。(日本での対応は不明)
映画のレビューや情報をIMDBから参照し、Fandangoでチケットの予約・購入が可能になります。お気に入りの映画俳優や監督について訊けば、Siriが情報を探しだしてくれます。また、映画レビューサイトのRotten Tomatosとも統合します。

さらに、対応言語も増えます。追加されるのはカナダフランス語、スペイン、メキシコ、アメリカ向けのスペイン語、イタリア向けのイタリア語、スイス向けのフランス語、ドイツ語、イタリア語の方言、韓国語、そして中国向けに中国標準語、広東語です。

iOS 6からSiriはiPadにも対応します。BMW、GM、ベンツ、ランドローバー、ジャガー、アウディ、トヨタ、クライスラー、ホンダといった自動車メーカーと提携し、Siriが自動車にも搭載されます。

2. フェイスブック統合

 

iOS 6からフェイスブックが完全にiPhoneに統合されます。アップルのアプリからフェイスブックに投稿することが可能となり、現在のツイッターのように使うことが可能になります。iPhoneのアルバムから直接写真をアップロード、地図から現在地を更新することも含まれます。また、Siriとの統合も図られています。さらに、カレンダーアプリも統合されているので、誕生日やイベントなどを自動的にフェイスブックと同期することが可能です。
中でも一番おもしろそうなのは、APIが用意されることでしょう。つまり、開発者は同じフェイスブックサービスを活用することができるのです。というわけで、その他のアプリからも簡単にフェイスブックに投稿したり、フェイスブックから情報を得ることができるようになります。

3. 新しい電話機能

長らく放置されてきた電話アプリがアップデートされるのはうれしい驚きです。Nokiaには前からあった機能ですが、誰かが電話してきた時に、自動にメッセージで返答することが可能になります。「かけ直します。」、「今向かっているところです。」などのメッセージが予め用意されており、電話を切ることなく送信することができます。
新たな「Do Not Disturb」機能では、通話とメッセージを夜の間オフにすることができます。通知は表示されますが、音や光を発することがないのが良いところです。また、特定の電話番号を重要としてマークすることで、この機能中でも普通の着信を設定することができます。

また、誰かが連続で電話をかけ続けると、電話アプリが緊急だと判断して着信を通すようになっています。

4. 新しいFaceTime

FaceTimeの一つめの大きなニュースは、3Gに対応することです。これからはFaceTimeを使って3Gネットワークで通話することが可能になります。Wi-Fiに比べれば通話の質は劣りますが、サポートはされます。

もう一つの新機能はデバイスIDの統一です。iOS 6では、誰かがあなたに電話をかけると、iPadでもMacからでも即座に応答が可能になります。ID統一はiMassageと同じで、これで混乱が解消されるといいですね。時に、ユーザーはあるデバイスでメッセージを受信しても、他では受信しないということがありましたから。

5. 新しいSafari

 

SafariはMountain Lionとともにタブのライブ同期に対応し、複数のデバイスでのブラウジングがiCloudを通じて統合されます。iCloudはオフラインリーディングリストの同期にも活用され、あとで読むと指定した記事をネット環境がなくても読むことができます。地下鉄や飛行機などで活躍しそうですね。

ですが、新機能の中でも注目なのはwebフォームアップロードに新たに対応することでしょう。個人的にはウェブサイトに直接写真がアップロード出来ないのが常に不満でした。しかしこれからはアップロードボタンを押せばフォトブラウザが開き、そこからアップロードすることができます。

6. iCloudでのフォトストリーム

これからは写真をストリームで共有することができます。どのフレンドがあなたがアップロードした写真を自動のストリームで見る事ができるかを選択することが可能です。また写真に皆がコメントすることもできます。

7. メール

メールの受信箱にもVIPという新機能が追加されます。特定の人をVIPとしてマークすることで、その人からのメールは自動的に特別なフォルダに仕分けられます。
そして新しいメッセージから直接写真や動画を貼り付けることができるようになります。

8. パスブック

飛行機や電車、映画、コンサート、スポーツ観戦、ギフトカードといったチケットやクーポンを一箇所にまとめることができる新しいアプリです。なかなか美しいうえに便利そうですよ。例えばギフトカードを持っていれば、使ったあとにその残高が表示されます。また、手持ちのクーポンが使えるお店が近くにある場合にお知らせしてくれます。

パスブックのもうひとつの素晴らしい機能は、飛行機のチケットのゲート番号をリアルタイムで更新してくれる機能です。

9. 新たなアクセシビリティ機能

これは体が不自由な人にとって素晴らしいiPhone の機能です。アップルはこの機能に操作の有効化のカスタム設定といった新たな要素を追加します。また、iPhoneやiPadをシングルアプリモードに設定することができ、例えば学校では、生徒が一つの特定のアプリ意外にアクセスできないように先生が設定をすることができます。

10. 新しい地図機能

完全に社内開発された新しい地図はかなり盛りだくさん。完全なオーバーホールで、とても素晴らしそうなデザインです。これらがその新機能となります。
新たな地図作成法

アップルは2009年に地図作成会社を買収しており、これがその結果です。新しい地図には新たな地図作成法が用いられており、これまでのグーグルのものとは全く違います。新しい特定の場所(Point of Interest)、レストラン、お店などなど、全てが刷新されています。どちらが優れているかは比較するまで分かリませんね。

ベクター VS ビットマップ

新しい地図はこれまでのようにビットマップではありません。なのでタイルの遅いローディングともおさらばです。これからはベクターベースとなり、より速いローディング、滑らかでより優れたグラフィックとなります。

ナビゲーション

ついにアップルの地図でターン・バイ・ターンのなビゲーションが実現します。

ビジネス・インフォメーション・カード

これからは地図上のすべてのロケーションに情報を記載したカードが付随するようになります。例えばレストランならレビューや評判、写真が表示されます。

Siriとの統合

交通情報

3D表示

アップルは3Dマップ技術を持つ別の会社も買収しています。デモ版のフライオーバー機能を見れば、それが正しい投資だったことがわかるでしょう。これはとても素晴らしい機能です。まるで映画のようですが、リアルタイムで3Dグラフィックがレンダリングされます。

無い機能

素晴らしい機能が満載ですが、残念ながらサポートされていない機能が2つあります。公共交通機関の情報とストリートビューです。

一つめはニューヨークなどの大都市に暮らすユーザーにとって重要なものです。以前の地図アプリではこの情報を簡単に、そして完全に表示することができました。通勤をいつでも計画することができたのです。これはマストな機能。開発者たちはアップルの地図を使ってこの機能を彼らのアプリに実装できる、とアップルは話していますが、これは大きなミスでしょう。

ストリートビューは新しいところに行く時に重要な機能です。2Dの地図や、3D表示では見る事ができない路上からの視点を確認することができます。個人的にもわかりづらいレストランやお店を探すのに使っていますが、いつも時間を節約できます。

いつリリース?

今年の秋にリリースされます。おそらく以前のように、新しいiPhoneが発表される頃でしょう。

サポートされるデバイス

iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、iPod touch(第4世代)、そして最新のiPadとiPad 2に対応します。噂通り、初代iPadはこのアップグレードに対応しません。

6月
19
2012

[ #WWDC2012 ]やっぱりキタ! アップル独自の地図が登場

[ #WWDC2012 ]やっぱりキタ! アップル独自の地図が登場

噂通りでしたね。

予想された通り、アップルが独自の地図を発表しました。Google Mapsでもない、OpenStreetMapでもない、リンゴマーク地図の登場です。簡単まとめでチェックしていきましょう。

ナビシステム

 
アップル独自地図、iOS 6での最も注目すべき機能はやはり、ターンバイターンナビゲーションシステム。Siriの音声ガイドつき。米国人気口コミサイトYelpや交通情報との連携で、移動中の最新ルートを教えてくれます。

3D機能

 
Flyoverという3D機能が搭載。全世界の街を3Dモデル画像で見ることができます。買収したC3 Technologiesの技術がここで大きくいかされることになりました。
アップル地図は全てベクターグラフィック。レビューやランキング等の機能もついています。ここは2009年に買収したPlacebaseの力でしょうか。
アップルがグーグルからどんどん離れていきます。独自地図は大きなステップ。Google Maps使用をやめるらしという噂がたったのはほんの1ヶ月程前。2009年のPlacebase買収、2010年のPoly9買収、そして2011年のC3Technologies買収。数年の買収劇を経て、ついに登場です。
現段階で最も大きなGoogle Mapsとの差は、やはりストリートビューでしょう。グーグルはここにますます力を入れています。

地図、それはIT界の新しい戦場。

備忘録

6月
19
2012

[ #WWDC2012 ] iOS 6の通知機能が素晴らしい。

[ #WWDC2012 ] iOS 6の通知機能が素晴らしい。

WWDCのプレゼンによるとiOS 6には様々な新しい機能があります。その中でも強調したいのが通知機能です。

まずはDo Not Disturb機能。これをオンにすると、プッシュ機能やテキストによって煩わされることはありません。誰からも電話を受け取らないことも可能です。前もって指定した人からの電話だけを受けないこともできます。

また新しくなった電話アプリでは不在着信に対してSMSで返信したり、コールバックを忘れないようにリマインダーに入れたりすることができるようになります。またジオタグ機能もついているので、ビルをでる時に電話をかけることを思い出させてくれることもできます。

って事はやっとiPhoneで着信拒否が出来るってことかな?

それだけでもちょっと嬉しい!

6月
19
2012

「LINE公式アカウント」提供開始、スタンプ1,000万円&月額150万円〜

「LINE公式アカウント」提供開始、スタンプ1,000万円&月額150万円〜

 

日本コカ・コーラ、ローソン、すき家などが初の企業公式アカウントとしてLINEに参加!クーポンなどのお得情報をゲットしよう! : LINE公式ブログというとで、企業向けの「LINE公式アカウント」サービスが開始しています。

本日より、LINE公式アカウントに企業のアカウントが登場しました!この企業公式アカウントでは、LINEで「友だち」に追加した人だけがゲットできるクーポンや最新情報などを発信していきます。

コカ・コーラ、ローソン、すき家、ZIP!、Music Loversが、公式アカウントを開設しています。

ローソン、すき家ではクーポンを提供、ZIP!では「MOCO’Sキッチン」のレシピなどが届けられるそうです。

クーポンが貰えるというのは、なかなか良いですね。友だちに追加する人も多いのではないでしょうか。

 

 

「LINE」の公式アカウントは、妙にフレンドリーなのが面白いですね。ツイッターでも、ここまではフレンドリーではなかった気がします。やはり、クローズドだから、こうした親近感が演出できるのでしょうね。

メールマガジンの1対1感が「LINE」にもあると思いました。

なお、企業向け「LINE公式アカウント」は有料でして、

・初期費用 200万円
・月額 150万円〜

となっています。

これを安いとみるか高いとみるか。1ヶ月のオフィシャルサイトの運営費あたりと比較してみると良いのでしょうかね。既に1,800万人にいるユーザに向けて告知ができるというのは「LINE」の大変な強みだと思います。

スポンサードスタンプは1,000万円です。

6月
19
2012

最寄りの喫茶店チェーンをすばやく検索できる「CAFE DOCO」

最寄りの喫茶店チェーンをすばやく検索できる「CAFE DOCO」

「CAFE DOCO」は、最寄りにある喫茶店チェーンの位置をマップ上に表示し、現在地からのルートを示してくれるアプリだ。スターバックスやドトールなど全国約3200店舗に対応しているので、休憩や待ち合わせに使う喫茶店をいますぐ探したい場合に重宝する。

起動すると現在位置を中心に、対応する喫茶店チェーンの場所がアイコンで表示される。現在位置のほか具体的な住所やランドマークを指定することも可能
起動すると現在位置を中心に、対応する喫茶店チェーンの場所がアイコンで表示される。現在位置のほか具体的な住所やランドマークを指定することも可能

使い方はシンプルで、アプリを起動した時点で現在地周辺のマップが表示され、その範囲内にある喫茶店チェーンが自動的にポップアップ表示される。特定のチェーンのみを絞り込んで表示する機能はないが、アイコンが各チェーンごとに色分けされているので、地図上での見分けはつきやすい。現在地以外に具体的な住所や「渋谷駅」といったランドマーク名で検索することも可能だ。

個々のアイコンをタップすれば店名のほか住所、電話番号といった情報が表示されるほか、店舗によっては喫煙可、Wi-Fi利用可といった付加情報も表示できる。また、現在位置からのルート検索も可能だ。ルート検索はiPhone標準の地図アプリを用いるので、最寄り駅からのルートを調べたり、電車や徒歩といった交通機関を切り替えるのも簡単だ。

対応している喫茶店チェーンは、ドトール、スターバックス、タリーズ、ルノアール、エクセルシオールとされており、店舗数はおよそ3200店舗となっている。本アプリと同等の機能を持つ有料アプリ「カフェマップ」では、これらに加えてカフェ・ド・クリエ、サンマルクカフェ、プロント、ミスタードーナツなどに対応しており、店舗数はおよそ2倍にあたる6400店舗を検索できる。まずは無料の本アプリを試してみて、物足りなくなれば有料の「カフェマップ」を購入するといった使い方もありそうだ。

若干物足りないのは、前述の特定チェーンを絞り込む機能がないことに加え、各店舗の営業時間など詳細な情報が本アプリ上では見られないことと、待ち合わせに使う場合に住所などをメール送信する機能がないこと。これら機能や履歴表示に対応すれば、さらに使い勝手のよいアプリになりそうだ。

iPhone スクリーンショット 1iPhone スクリーンショット 2
iPhone スクリーンショット 3iPhone スクリーンショット 5

CAFE DOCO

4月
16
2012

写真を装飾してLINEの友人とシェアできる「LINE camera」

写真を装飾してLINEの友人とシェアできる「LINE camera」

 NHN Japanは4月13日、無料通話アプリ「LINE」の公式カメラアプリ「LINE camera」を提供開始した。Androidアプリを先行公開し、近日中にiPhoneアプリもリリースする予定。

LINE cameraは、スマートフォンで撮影・保存した写真を、簡単に装飾してLINEの友人やグループに送ることができるカメラアプリ。LINEの「スタンプ機能」で人気のキャラクターを含む600種類以上のスタンプや100種類以上のフレーム、14種類のフィルタ、156種類のブラシ、フォントテキスト機能などを搭載している。

「LINE camera」

編集した写真は、Twitter、Facebook、mixi、Weibo、Me2day、Cyworldなど、LINE以外のさまざまなSNSでも共有できるという。

なお、同社は3月28日にLINEと連携した公式グリーティングカードアプリ「LINE Card」の提供を開始している。「お誘い」「お祝い」「ありがとう」など、目的ごとにデザインされた60種類のカードの中から好みのカードを選択し、テキストや写真を組み合わせるだけで、簡単にグリーティングカードを送れるサービスだ。

4月
11
2012

Android版「Instagram」、公開後6日間で500万ダウンロード

Android版「Instagram」、公開後6日間で500万ダウンロード

 Facebookは、「Android」プラットフォームにおける写真共有アプリケーション「Instagram」の最近の勢いに満足しているに違いない。

The Next Webによると、同アプリはAndroid OS版のダウンロード件数が6日間で500万件に達したという。「iOS」版がこの水準に達するまでには6カ月かかった、とThe Next Webは指摘している。

Android版Instagramのダウンロード実績は、同プラットフォーム上でとりわけ好調なリリースとして位置付けられ、Instagramの買収を控えるFacebookには心強いはずだ。Facebookは米国時間4月9日、Instagramを10億ドルで買収することで合意したと発表した。

Android版Instagramは公開後すぐに勢いを増し、Androidの刷新されたマーケットプレイス「Google Play」上でのダウンロード件数は公開初日に100万件を記録した。

InstagramはすでにiOS上で人気を確立していた。実際、Android版の人気の高さに苛立つiOSユーザーもいたほどで、これは同アプリが別のプラットフォームに対応したことで彼らが独占権を失ったと感じたためだ。

4月9日には、FacebookによるInstagramの買収計画発表を受けて、同アプリの利用をやめると宣言するユーザーも出てきた。

それでも、Instagramは成長し続けている。iOSより大規模なユーザー基盤があるため、Androidは一部のiOSユーザーの不満を乗り切ることができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

4月
10
2012

HTML5を使ったらモバイルサイトの利用が28%向上した

HTML5を使ったらモバイルサイトの利用が28%向上した

あなたのモバイルサイトが動かないページだけで出来ていたら、そろそろアップグレードを考える時期だ。Usablenetの最新データによると、インタラクティブな要素をほんの少し加えるだけで、サイトでのユーザー捕捉率が大きく伸びる可能性がある。自らを「モバイル及びマルチチャンネルにおける顧客獲得のための技術プラットフォーム」と称しているUsablenetは、同社のプラットフォーム上のブランドがHTML5ベースの機能、例えば対話型ギャラリー、位置情報サービス、オーバーレイおよび拡大(または縮小)可能なボックスなどを使い始めたところ、ページビューが11%上昇し、直帰率は15%減少したと言っている。全体では、これらの機能を使用したサイトの利用は28%増加した。Usablenetの顧客には、Expedia、Tesco、Amtrak、American Airlines、OfficeMax、ShopNBCなどの主要企業のほか、オンライン・ファッション・マーケットプレイスのASOSがいる。

Usablenetのイノベーションおよびプラットフォーム戦略責任者のJason Taylorが今日私に話したところによると、このデータの殆どが同社顧客のうち小売業者のHTML5利用に基づいているという。そういた環境では、例えばショッピングカートにオーバーレイ機能を使用すれば、小売店でのモバイル購入手順が高速化され、ショッピングカートの脱落率減少に効果があると考えられる。

Usablenetでは、スマートフォンの内蔵GPSを利用したユーザーの位置特定(郵便番号を聞く代わり)によって、地元の在庫調べなどが可能になり、脱落率軽減に役立つことも発見した。モバイル画面の小ささを考えると、拡大可能なボックスによって製品情報を多く表示することも、ユーザーが追加情報を見るために別画面を開き、その結果サイトを離れてしまう恐れを減らす効果がある。

もちろんHTML5標準は、まだ流動的だ。このため、ブラウザー間互換がUsablenet顧客の要望リストのトップにあるのも頷ける。面白いことに、TaylorによるとHTML5プラットフォームに切り替えた小売店の多くが、モバイルウェブアプリで携帯カメラをバーコードスキャナーとして使いたがっている。しかし、HTML5の現状を踏まえると、実現はまだ比較的困難である。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

ページ:123»
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」