Browsing articles in "Hobby / Movie"
1月
10
2014

永遠の0

見てきました。
お恥ずかしい話、戦争についてはほぼ無知に等しいのですが、色々と考えさせられる映画でした。

ネタバレ兼、気になった点です。
無知が故に間違っている点もあるかと思いますが…(>_<)

1月
8
2014

プラチナデータ

発想が面白かった。

DNA情報=プラチナデータ

人は産まれてすぐにDNA情報を登録され、犯罪が起これば現場に残されたDNAから、登録されている莫大なプラチナデータを基にすぐに犯人が特定出来る。

いつかこんな未来がやってくるのでしょうか?

でも、政治家や警察官僚、その身内は登録されない。
犯罪に手を染めてもnot found。
犯人は見つからない。

プラチナデータの制度が実際に存在すれば かなりの確率で犯罪防止になると思う。
でもそれでによって、映画の様に特別扱いされる人種もいたりするんだろうなぁ。
そしてそのプラチナデータが高値で売買されたりと色んな事が起こるんだろうなぁ。。。

これもまた、「何が正しいのか?」を考えさせられます。

澤野弘之さんらしい、サントラが凄く良かったです!

1月
8
2014

脳男

良い意味で私が思っていた内容と違った映画でした。
藁の盾の次に見たから尚更考えさせられる。

正義の為の殺人ロボット。

「何故、悪い奴を殺してはいけないのか?」

結局、此処に辿り着くんだよね。

誰が決めたのか?とか、それでも犯罪者を裁くのも人とか、考え出すとキリがないんだけど。

まぁ、これは映画とは違うテーマになってしまうのですが・・・。

でも犯罪者が逮捕されて、自由を奪われ牢獄に閉じ込められたとしても、犯罪者は生きている。

模範囚なら刑期が軽くなって更生して社会復帰するかもしれない。

藁の盾でもそうだったけど、志村も犯罪は繰り返される結果。
全然軽度が違うけど、浮気が直らない男性と一緒な感覚を覚えました。
精神異常者は更生出来ないのか・・・。

誰にも大なり小なり精神に異常と言うか、何かを満たしたい欲はあると思う。

でも理性があるから抑えられる。
でもその理性も一般的な哲学に基づいた物。

それが正しいのかどうかを決めるのは今の世の中の一般的な皆の感覚である。
今の世界で生き抜くにはその感覚の中で生きる事。

もし違う世界があって、悪い奴は殺して良いなんて法律があればそれはそれで成立してしまう訳だから考えさせられるな。

でもね、やっぱり振り出しに戻ると、どんな理由でも自分の何かしらの欲求を満たす為に人を殺す人が存在するからこんがらがるんだな。
そんな人がこの世から居なければ 、この柵は無くなるのかな?

描写が凄かったけど、車に跳ねられても痛みを感じない鈴木一郎が骨が折れても立ち続ける姿は、鷲谷真梨子への壮絶な愛に見えた。

広野の死に様は決して真似出来る事は出来ないけれど、まさに決死の選択。

緑川紀尚役の二階堂ふみさんが可愛かった。笑

【送料無料】脳男 【Blu-ray】 [ 生田斗真 ]

【送料無料】脳男 【Blu-ray】 [ 生田斗真 ]
価格:5,829円(税込、送料込)

1月
8
2014

藁の盾

これは考えさせられる映画でした。

こんなに人は欲深いものなのかと。

実際にこんな事件が起こったら警察官も医療関係者も一般人も犯罪に手を染めるものなのかな?

もし自分なら「罪を犯してまで大金(10億円)が欲しいのか?」と。

答えはNO。

私は例え10億円でも要らない。

でも殺されても良い人間って皆から思われても仕方が無い犯人。

でも法律は彼を守る。

最後は後味悪いけど、「何故、人を殺してはいけないのか?」と、哲学を考えさせられる。

9月
25
2013

映画・テレビ内、思い出に残る人間落下シーン

色んな映画の落下シーン。
すごく綺麗にまとめられています。

懐かしい映画もチラホラ。
落下のシーンって、様々な意味があるのだなぁと。

死だけではないって事。

レ・ミゼラブルのジャベールが入ってないのが残念。

8月
12
2013

変態仮面

話題になっていたので見てみました。

自分が想像するよりはおもしろかった!

サラッと見れたかな〜?

途中から芸人さんのあばれるくんに見えて来てしまいました。笑

いや、しかし、よくぞここまで実写でヤりましたな・・・。と思える映画です。

(衣装・映像・言葉全てにおいて)

何で映画になったんだろう?笑

何も考えずにサラッとクスッとしたい時には良いかもです。

8月
12
2013

アフタースクール

鍵泥棒のメソッドがおもしろかったので、内田けんじ監督の他の作品を見てみました。

キャッチコピー通り、話の展開が読めなくて何度も騙された!!

これは結末を知った後に二回目を見たらまた更に色々と気付ける楽しい映画だと思います。

監督と大泉洋さんの副音声も面白かった♪

今度は「運命じゃない人」を見よう!

8月
12
2013

鍵泥棒のメソッド

久々のヒット!!!

すっごく面白かった!!

 

最後は恋がしたくなる、とっても素敵な映画でした。

荒川 良々さんに恋をしました(>_<)

 

堺雅人さんって、ダメな男の役が凄く似合う気がする・・・。笑

 

5月
22
2012

Happy Food

色とか可愛いな♡

4月
9
2012

貞子、東京ドームで“呪いの始球式”!日本プロ野球史上初!

[シネマトゥデイ映画ニュース] ホラーキャラクターの代名詞である「貞子」が、4月25日に行われる北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズの始球式に登場することが明らかになった。貞子が始球式に登場するのは、もちろん日本プロ野球史上初の出来事だ。

貞子が3Dになるということで話題の映画『貞子3D』。その公開に合わせて3次元の貞子が始球式を行うことになった。どういったビジュアルで登場するのかはもちろん、どんな球を投げるのかに注目だ。

日本で最も有名なホラーキャラクターとして、その呪いの存在がよく知られている貞子だけに、対峙(たいじ)したバッターにいかなる不幸が降りかかるかも不安材料の一つ。もちろん、その姿を目にしてしまうことになる観客もただではいられない……かもしれない。

映画『貞子3D』は、ハリウッドリメイクもされた人気ホラーシリーズ第4作。これまではテレビの画面から飛び出して恐怖を振りまいてきた貞子が、今回は動画投稿サイトを通して出現する。出演は石原さとみ、瀬戸康史など。

映画『貞子3D』は5月12日より全国公開

ページ:«1234»
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」