Browsing articles in "Web"
6月
20
2012

楽天 – ヘアサロン予約サービス「楽天サロン」が6月25日にスタート -ネットでの検索・予約機能、および業界初の オンライン決済機能を提供-

ヘアサロン予約サービス「楽天サロン」が6月25日にスタート-ネットでの検索・予約機能、および業界初のオンライン決済機能を提供-

http://salon.rakuten.co.jp/

ヘアサロン予約サービス「楽天サロン」が6月25日にスタート
-ネットでの検索・予約機能、および業界初の
オンライン決済機能を提供-

http://salon.rakuten.co.jp/

 楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、来る6月25日、美容室を検索・予約できる新サービス「楽天サロン」の提供を開始します。

 「楽天サロン」は、主に20代から30代のOLや主婦を対象とした、24時間365日いつでも好きな時にインターネットで美容室を検索し、予約することができる新サービスです。

 楽天サロンでは、業界で初めてWeb上での事前決済機能を実装し、ユーザーがネット予約と同時にクレジットカードで事前に支払いを済ませることができるサービスを提供します。また、楽天スーパーポイントが付与される上、貯めたポイントを使って支払いすることも可能となります。これにより、ユーザーは従来の電話予約に伴う手間や時間的な負担も軽減されます。

 実際、楽天が2012年3月に行なったユーザー調査では、従来の予約方法である電話に代わるものとして、営業時間外などいつでも予約ができ、予約の空き時間が一目で分かる「ネット予約」サービスへの要望が高いことが明らかになっています。

 さらに、楽天スーパーポイントの利用ができるため、定期的に必要になる美容関連の費用を節約したいと考えるユーザーのニーズにも応えることができます。

 一方、事業者に対しては、「楽天サロン」はオンラインショップを手軽に運営できるシステムを提供します。具体的には、「楽天サロン」にショップを出店した場合、WEB上の管理ページを操作することで、店舗ページの作成や更新、予約管理を簡単に行うことができるようになります。

 昨今のヘアサロンを中心とする美容業界は、少子化や景気低迷による節約志向が向かい風となり、顧客一人当たりのヘアサロンにかける費用(客単価)や来店頻度が減少している状況です。また、一般的にヘアサロンには固定客がつき易い一方で、顧客を新たに獲得することが難しく事業者の課題の一つとなっています。

 事業者は「楽天サロン」を利用することで、夜間や休日などいつでも予約を受け付けることができ、さらに楽天スーパーポイントなど楽天が有するマーケティングツールを通じて7,600万人を超える楽天会員から新規顧客の獲得することも可能となります。

 今回、楽天は「楽天サロン」の提供を開始することで、サロン業界と親和性の高い20代から30代の女性ユーザーの利用者を獲得し、楽天グループの新規顧客の開拓を目指します。また、順次機能改善を行い質の高いサービスを提供することで、楽天グループが手がける楽天経済圏のさらなる拡大を目指してまいります。

————————————————————————————————–
■□ 「楽天サロン」の概要 □■
————————————————————————————————–

【サービス名】  「楽天サロン」

【U R L】   http://salon.rakuten.co.jp/

【オープン予定日】 2012年6月25日(月曜日)

【概   要】

・全国の美容室や理容室が出店するモール型のヘアサロンマッチングサービス
・出店店舗は一定の出店料および売り上げに応じたシステム利用料を負担
・出店店舗は専用のシステムから予約受付可能な時間や人数等を入力するなどして店舗ページを制作。さらに受注管理やクレジットカードによる決済もオンライン上で完結
・ユーザーはネット上で所在地や価格などから店舗検索でき、予約時にはオンラインでの事前決済が可能

【特   長】

1.24時間365日いつでもヘアサロンの予約が可能に
2.業界で初めて、クレジットカードによる事前決済機能を提供に
3.楽天スーパーポイントとの連携によりお得なサロン利用が可能に

【料金体系】
・ユーザーの利用は無料
・出店サロン向け料金体系

■スタンダードプラン

・初期費用: 50,000円(税別)
・月額利用料:50,000円(税別)
・システム利用料: メニュー金額の8.0%(現地決済)
*事前クレジットカード決済の場合は10.0%
・契約期間:1年

【想定ユーザー】

・サロン業界と親和性の高い20代から30代の女性をメインターゲットと想定
・特にヘアサロンの予約を「時間を気にせず、簡単に済ませたい」「サロン費用を少しでもお得にしたい」「ポイントを有効に使いたい」というニーズをもつOLや主婦層の利用を見込む

*出店に関する資料請求については以下のページをご覧ください
(資料請求受付)http://event.rakuten.co.jp/beauty/rakutensalon/

以上

6月
19
2012

Facebook、1億ドルでモバイル顔認識テクノロジーのFace.comを買収

Facebook、1億ドルでモバイル顔認識テクノロジーのFace.comを買収

1月近く前からFacebookがイスラエルの顔認識テクノロジーのスタートアップ、Face.comを買収するという情報が流れていたが、ついに公式発表が行われた。

複数の情報源が買収価格は1億ドルだとしている。その他8000万ドルから1億ドルとまちまちまちな価格が報道されている。この買収は人材採用目的ではなく、独自のテクノロジー取得が目的の純然たる企業買収だ。Facebookは特にFace.comの顔認識テクノロジーをモバイル分野に適用し、モバイル上で顔を認識し、タグづけできるようにするのではないだろうか。

Face.comの得意分野はまさにモバイルでの顔認識だ。ユーザーが携帯から写真をアップロードすると即座に顔が認識されてタグづけ候補者の名前が送り返されてくるようになるかもしれない。そうなれば携帯から人物写真のタグ付けがワンクリックで可能になる。

現在Facebookに携帯からアプロードされる膨大な数の写真の多くはタグ付けされていないので、これはきわめて重要なテクノロジーだ。というのも「あなたが写真でタグづけされました」という通知が来ればユーザーは間違いなくFacebookを訪れて内容を確認する。タグ付けされていない写真はトラフィックの機会損失を意味する。また写真に写っている人物が特定できればFacebookがソーシャルグラフの理解を深め、ニュースフィードに配信する記事を適切に選択する上で大きな助けになる。

Face.comはブログ記事でFacebookによる買収を報告し、サードパーティーのデベロッパーに対し「Facebookは Face.comの顔認識技術について、Facebookと連携したサービスを造れるよう、何らかのAPIを作ってくれるものと期待している」とアプリ開発への参加を呼びかけている。

Instagramの10億ドルの買収に続いてFace.comの買収したのはFacebookがモバイルでの写真共有を決定的に重要な要素と考えていることを表している。これらの買収が完了すれば、FacebookはInstagramにもFace.comの顔認識機能を導入することができるだろう。

InstagramとFacebook Cameraをフロントエンドに、Face.comをバックエンドに得たことで、マーク・ザッカーバーグにはモバイル写真戦争を勝ち抜く手立てが揃った。

 

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

【送料無料】facebook完全活用本

【送料無料】facebook完全活用本
価格:1,260円(税込、送料別)

5月
30
2012

Facebook、顔認識技術企業Face.com買収に向けて交渉中か

Facebook、顔認識技術企業Face.com買収に向けて交渉中か

イスラエルのビジネスニュースサイトCalcalistによると、ソーシャルネットワーク大手Facebookが顔認識技術を開発するイスラエルの新興企業Face.comの買収に向けて交渉中であるという。

Facebookは8000万ドルから1億ドルの買収金額を提示しているようだとNewsgeekの記事には記されている。

米CNETはFacebookにコメントを求めているが、回答は得られていない。

Face.comは2009年、無料のFacebook向けサードパーティーアプリケーション「Photo Tagger」と、Facebook向けの認識ベースのアラートサービスをリリースして一躍脚光を浴びた。Photo Taggerは、顔認識技術を利用して写真に写っている人々に自動的にタグを付けるアプリケーションである。2010年には、Face.comはオープンAPIをリリースし、サードパーティー開発者らが独自のアプリケーションに同技術を組み込めるようにした。

Facebookは以前から、Face.comの買収に関心を示しているとうわさされていたが、提示金額が低く拒絶されたと報じられていた。

しかし、同社にとって最近、大金の支払いは難しいことではないようだ。同社は、2012年4月に写真共有アプリケーションを提供するInstagramを10億ドルで買収してから、次々と買収に乗り出している。買収金額は公表されていないが、ソーシャルディスカバリーサービスのGlanceeやソーシャルギフトサービスのKarmaを買収した。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

5月
24
2012

“日本のウェブサイトのデザインが2003年から進化していないのではないか?”

日本のウェブデザインは時代遅れ?

日本に関する情報を紹介するアメリカのサイト『Tofugu』が、「Japanese Web Design: Why You So 2003?」というタイトルで、“日本のウェブサイトのデザインが2003年から進化していないのではないか?”という内容の記事を公開し、ネット上で議論の的となっている。

『Tofugu』の記事で、“日本的なデザイン”のウェブサイトとして紹介されているのは、楽天市場、ニコニコ動画、Gigazineの3サイト。それぞれに共通する特徴として、「文字量が多い」「画像が小さい」「3つのカラムに分かれている」「余白が少ない」「リンクが青文字」「混沌としている」というものが挙げられている。

一方、デザインが美しい日本のサイトとして紹介されているのが、ユニクロ、石山染交(東京都墨田区の染工場)、豊田市美術館など。いずれも、“日本的なデザイン”のサイトに比べると、すっきりしたデザインとなっている。

つまり、記事で主張されているのは、日本のサイトは多くの要素が詰め込まれてゴチャゴチャしてしまう傾向にあり、ウェブデザインが洗練される以前の2003年頃のものに近いのではないか、ということ。その要因として、日本では個人へのパソコン普及が比較的遅かったこと、旧式のウェブブラウザであるInternet Explorer 6を利用しているユーザーが少なくないこと、アメリカに比べるとFlashの普及が遅かったことなどが挙げられていた。

この記事について、2ちゃんねるでは「【画像あり】日本のWEBデザインが2003年で止まっていると話題に」というスレッドが立てられ、ネット住民たちの間で以下のような意見が交換されている。

「1ページに表示されてる情報が多すぎると、判断に無駄に頭のリソースが
割かれて疲れる。つーか結局どこもクリックせずにスルーしちゃう」
「一時期、フラッシュがゴテゴテついてるサイトが流行になった時期になったけど
評判悪かっただろ
2ちゃんねるだって未だにフォーラムじゃなくて掲示板形式で画像貼れないし。
AAとかアナログすぎるけどこれでいい」(原文ママ)
「詰め込みすぎ
ただし海外サイトは説明不十分の箇所も多いからどっちもどっち
日本サイトはフォントを揃えるくらいできないものか」

やはり、日本のウェブサイトについては「ゴチャゴチャしている」という見方も多いが、かといって「デザイン重視」に走りすぎるのも違う、というのがネット住民の意見だといえそうだ。

ちなみに、同スレッドでは「デザインも利便性も兼ね備えた」サイトとして、セイコーの公式サイトが挙げられていたほか、「デザインがかっこいい」ということで、中尊寺、清水寺、東寺などの、寺院のサイトが紹介されていた。

Japanese Web Design: Why You So 2003?

When I think of Japan I tend to think of beautiful design. Zen gardens, temples, shrines, tea ceremonies, manga, anime, wabi-sabi… the list goes on and on. Yet for some reason Japan just can’t put any of this together to make a decent looking website. Where did they go wrong? What in the world happened? Time to find out.

Japanese Websites

Let’s start out by looking at some bigger Japanese websites. These are just a few examples that will give you an idea about the “Japanese aesthetic” when it comes to web design.

Rakuten

Rakuten is a lot like the Amazon of Japan (with a bit of Ebay thrown in). Japanese websites love text, and this is no exception. While there’s a few images here, the more you scroll down, the more text you end up seeing. You’d think that a shopping site would want to have more images to entice you, but the Japanese web aesthetic of textiness is strong with this one.

NicoNicoDouga

NicoNicoDouga is like the YouTube of Japan if YouTube wasn’t already the YouTube of Japan. It’s particularly known for the ability to add comments right onto the video screen. Once again, we see a ton of text. We’ll delve into why this is in a little bit, but it must be important if you cover your video website with text instead of video, right?

Gigazine

Gigazine is a popular tech blog in Japan. It’s full of strange color choices, missing padding, and advertisements. Though this site is fairly image heavy for a Japanese website, just keep in mind that it’s catered towards the more tech-savvy, which is obviously why this is such a beautiful website. Speaking of which, how many ads can you spot?

Japanese Website Aesthetic

So what is the “Japanese Website Aesthetic?” There are quite a few patterns that show up again and again in Japanese web design, I think.

  • A lot of text, really packed in there
  • Smallish sized images
  • Columns, usually three of them.
  • Poor use of white space / padding
  • (often) blue URL coloring
  • CHAOS

What does this sounds like… does it sound like American web design in the 90s / Yahoo’s current design to you? It certainly feels that way to me. How did this come to be? Why is Japan, the world’s leader in robotics, hybrid cars, and Gundam models, so far behind when it comes to the web? Where did they go wrong?

Mobile Phones

Mobile phones have ruled in Japan for quite a while, though personal computers are definitely catching up. Back when Americans were getting heavy laptops and Gateway computers, the Japanese were texting up a storm on their futuristic cell phones. Because of this alternate tech history, a lot of Japanese websites were designed for flip phones and eventually this became part of the aesthetic. To make a website work well on phones like this, you need to do a few things:

  • Skinny columns (that just go on top of each other on a mobile device)
  • Textiness… lots and lots of textiness.
  • Smaller images (they load faster!)

If you look at the example websites above, you’ll see that they have all of these things. While a lot of bigger companies have the resources to create completely separate designs for mobile and computer, smaller companies can’t do this. What’s the solution? They just end up making a website that (sort of) works in both. That explains why so many websites kind of look like they’re supposed be viewed on your phone… because they should viewed on your phone!

Slow Personal Computer Adoption

Nowadays individual computer use is really picking up in Japan. Ten or fifteen years ago, not so much. As I mentioned before, it was cell phones that won this war of Internet dominance. Now though, more and more people are starting to use personal computers. Although the current aesthetic has been built up around mobile phone use, I expect to see a shift as more and more people hop on computers. I don’t think Japan will catch up right away (it’s kind of like how developing nations are supposed to go through their industrial revolution, or something), though I do hope it moves pretty fast. I do not enjoy navigating you, Japanese web. You hurt my eyes.

Internet Explorer 6

When it comes to Internet Explorer 6 usage, Japan actually rolls in at third for the entire world. Only China (23.8%) and Korea (6.3%) out-muscle Japan (6.1%) in this out-of-date-browser-war. When you have this many people using such a terrible browser, you have to design with it in mind. IE6 limits what you can do design-wise, which means you have to make a choice: Do I make my website look not as good as it could be? Or, do I ignore this 6.1% of people and design how I want?

This isn’t even when you take into account IE7, which is better, but still not all that great to work with. Until people upgrade to better and more modern browsers, better design will remain more difficult. Not impossible, but this certainly doesn’t make things any easier. How do you get around this? Flashhhhh.

Flash

Remember when America was all into Flash? I feel like Japan’s been going through that lately, which seems right on target because they’ve always been about 10 years behind in the game that is web design. If you design in Flash, you don’t have to worry so much about IE6. That being said, the most popular phone in Japan (iPhone) doesn’t work with Flash. Right now Japanese web design is a little too buddy-buddy with flash in my opinion. It makes for poor user experience, generally, which goes right along with all the other problems that Japanese web design has. Hopefully we’ll see them kick this “fad” to the side of the road here pretty soon, especially with touchscreen mobile getting so important.

It’s Not All Bad, Though

All that being said, there’s a lot of great web design coming from Japan as well. To round out this article, I thought I’d share some examples of beautiful web design. Click on the images to see the actual site in action.

Uniqlo

Ishiyama Senkoh

toyota art

Toyota Municipal Museum Of Art

Hanamichiya

Swiss

Taromagazine

Takeo Paper Show

While a lot of these websites are a lot better looking (in my opinion) than the examples shown at the top of this article, though some of them are done in Flash (ick). I suppose if you’re looking to design with IE6 in mind, Flash is a good way to get around that?

Whatever happens, though, I’m really looking forward to the evolution of Japanese web design. With everything except web design, Japan has such an interesting aesthetic. If it could be applied to Japanese web design, well, I think we’ll end up seeing some really innovative stuff.

So, here’s to hoping they don’t actually follow in our footsteps. If they can avoid the phase where everything’s a ridiculous gradient… well… I’ll be happy. Wabi-sabi it up, please.

5月
15
2012

写真好きが集まる「500px」

写真好きが集まる「500px」、Flickrより手頃な有料サービス開始

カナダのオンライン写真サービス「500px」がPlusという有料サービスの提供を開始した。写真アップロードやコレクションの作成が無制限で、価格はFlickrのProアカウント(24.95ドル/年)よりも安い19.95ドル/年に設定されている。

500pxは、高品質な写真にこだわり、プロやハイアマチュア、写真を趣味とする人たちにとって使いやすいサービスを目指している。WebサイトやiPadアプリでの写真表示が美しく、写真のクラウドバックアップに便利なFlickrよりも、写真を鑑賞したり、写真を見せるのに適したサービスと言える。

Plusアカウントはアップロードとコレクション作成が無制限で、写真を販売できる個人ストアが付属する。また統計機能の利用が可能。期間を設定してLike/Dislike、お気に入り、コメントの数を確認したり、熱心に写真を見ているフォロワーや友達、人気の高い写真などをひと目で把握できる。

なお無料アカウントはアップロードが10件/週で、個人ストアが付属する。Awesomeという上位の有料アカウントは49.95ドル/年で、Plusのサービスに、カスタムドメインやGoogle Analyticsサポートなどを含むポートフォリオサービスが加わる。

webのサービスかと思ったらアプリもあるんですね!

500px|【iPad】厳選された美しい写真を閲覧する共有サイト「500px」をiPadで楽しむ

 

5月
15
2012

Facebook、スマホからの利用時間がPC上回る 米調査

Facebook、スマホからの利用時間がPC上回る 米調査

 米国で3月にFacebookをスマートフォンから利用したユーザーの利用時間は平均441分で、PCから利用したユーザーの平均391分を上回っていたことが米調査会社comScoreの調べで分かった。Reutersなどが伝えた。

comScoreによると、米国のFacebookユーザーはPCでは1億5890万人、モバイルでは7800万人。Facebookは株式公開申請の書類に「今後モバイルユーザーが増え、モバイルのマネタイズ実装がうまくいかなければ、収益力にネガティブな影響をもたらすだろう」とリスク要因の1つとして記している。

米国のスマートフォンユーザーがFacebookに次ぐ利用時間を費やしているのはfoursquareで146分。Twitterが114分、Tumblrが68分だという。

4月
24
2012

facebook、Twitter、Google+を連結してくれてたSGPlusが使えなくなった。

Google Chromeの拡張機能SGPlusを使っていたのだけど、
Google+のUI変更で使えなくなったっぽい(;Α;)

Postologってサービスが使えそうなのでメモメモ。

▼下記のサイトを参考にさせていただきました。
すごく簡単便利! PostologでGoogle+とFacebook/Twitter自動連携

しかし、これだとGoogle+で投稿したの全部連結しちゃうっぽいなぁ・・・。

SGPlusだと投稿ごとに選べてよかったのに・・・(;Α;)

ページ:12345»
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」