Browsing articles in "facebook"
6月
19
2012

Facebook、1億ドルでモバイル顔認識テクノロジーのFace.comを買収

Facebook、1億ドルでモバイル顔認識テクノロジーのFace.comを買収

1月近く前からFacebookがイスラエルの顔認識テクノロジーのスタートアップ、Face.comを買収するという情報が流れていたが、ついに公式発表が行われた。

複数の情報源が買収価格は1億ドルだとしている。その他8000万ドルから1億ドルとまちまちまちな価格が報道されている。この買収は人材採用目的ではなく、独自のテクノロジー取得が目的の純然たる企業買収だ。Facebookは特にFace.comの顔認識テクノロジーをモバイル分野に適用し、モバイル上で顔を認識し、タグづけできるようにするのではないだろうか。

Face.comの得意分野はまさにモバイルでの顔認識だ。ユーザーが携帯から写真をアップロードすると即座に顔が認識されてタグづけ候補者の名前が送り返されてくるようになるかもしれない。そうなれば携帯から人物写真のタグ付けがワンクリックで可能になる。

現在Facebookに携帯からアプロードされる膨大な数の写真の多くはタグ付けされていないので、これはきわめて重要なテクノロジーだ。というのも「あなたが写真でタグづけされました」という通知が来ればユーザーは間違いなくFacebookを訪れて内容を確認する。タグ付けされていない写真はトラフィックの機会損失を意味する。また写真に写っている人物が特定できればFacebookがソーシャルグラフの理解を深め、ニュースフィードに配信する記事を適切に選択する上で大きな助けになる。

Face.comはブログ記事でFacebookによる買収を報告し、サードパーティーのデベロッパーに対し「Facebookは Face.comの顔認識技術について、Facebookと連携したサービスを造れるよう、何らかのAPIを作ってくれるものと期待している」とアプリ開発への参加を呼びかけている。

Instagramの10億ドルの買収に続いてFace.comの買収したのはFacebookがモバイルでの写真共有を決定的に重要な要素と考えていることを表している。これらの買収が完了すれば、FacebookはInstagramにもFace.comの顔認識機能を導入することができるだろう。

InstagramとFacebook Cameraをフロントエンドに、Face.comをバックエンドに得たことで、マーク・ザッカーバーグにはモバイル写真戦争を勝ち抜く手立てが揃った。

 

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

【送料無料】facebook完全活用本

【送料無料】facebook完全活用本
価格:1,260円(税込、送料別)

5月
30
2012

Facebook、顔認識技術企業Face.com買収に向けて交渉中か

Facebook、顔認識技術企業Face.com買収に向けて交渉中か

イスラエルのビジネスニュースサイトCalcalistによると、ソーシャルネットワーク大手Facebookが顔認識技術を開発するイスラエルの新興企業Face.comの買収に向けて交渉中であるという。

Facebookは8000万ドルから1億ドルの買収金額を提示しているようだとNewsgeekの記事には記されている。

米CNETはFacebookにコメントを求めているが、回答は得られていない。

Face.comは2009年、無料のFacebook向けサードパーティーアプリケーション「Photo Tagger」と、Facebook向けの認識ベースのアラートサービスをリリースして一躍脚光を浴びた。Photo Taggerは、顔認識技術を利用して写真に写っている人々に自動的にタグを付けるアプリケーションである。2010年には、Face.comはオープンAPIをリリースし、サードパーティー開発者らが独自のアプリケーションに同技術を組み込めるようにした。

Facebookは以前から、Face.comの買収に関心を示しているとうわさされていたが、提示金額が低く拒絶されたと報じられていた。

しかし、同社にとって最近、大金の支払いは難しいことではないようだ。同社は、2012年4月に写真共有アプリケーションを提供するInstagramを10億ドルで買収してから、次々と買収に乗り出している。買収金額は公表されていないが、ソーシャルディスカバリーサービスのGlanceeやソーシャルギフトサービスのKarmaを買収した。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

5月
15
2012

Facebook、スマホからの利用時間がPC上回る 米調査

Facebook、スマホからの利用時間がPC上回る 米調査

 米国で3月にFacebookをスマートフォンから利用したユーザーの利用時間は平均441分で、PCから利用したユーザーの平均391分を上回っていたことが米調査会社comScoreの調べで分かった。Reutersなどが伝えた。

comScoreによると、米国のFacebookユーザーはPCでは1億5890万人、モバイルでは7800万人。Facebookは株式公開申請の書類に「今後モバイルユーザーが増え、モバイルのマネタイズ実装がうまくいかなければ、収益力にネガティブな影響をもたらすだろう」とリスク要因の1つとして記している。

米国のスマートフォンユーザーがFacebookに次ぐ利用時間を費やしているのはfoursquareで146分。Twitterが114分、Tumblrが68分だという。

4月
24
2012

facebook、Twitter、Google+を連結してくれてたSGPlusが使えなくなった。

Google Chromeの拡張機能SGPlusを使っていたのだけど、
Google+のUI変更で使えなくなったっぽい(;Α;)

Postologってサービスが使えそうなのでメモメモ。

▼下記のサイトを参考にさせていただきました。
すごく簡単便利! PostologでGoogle+とFacebook/Twitter自動連携

しかし、これだとGoogle+で投稿したの全部連結しちゃうっぽいなぁ・・・。

SGPlusだと投稿ごとに選べてよかったのに・・・(;Α;)

4月
10
2012

Facebook、Instagramを買収 10億ドルで

米Facebookは4月9日(現地時間)、写真共有サービスを運営する米Instagramを10億ドルで買収すると発表した。Instagramは世界で会員3000万人以上を抱える人気サービス。Instagramは今後も独立したサービスとして運営し、Facebookは写真投稿サービスの運営ノウハウをInstagramから取り込んでいく狙いという。

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは、Facebookへの投稿で「Instagramの買収と優秀なチームがFacebookに参加するというニュースをシェアできてエキサイトしている」とInstagramの買収に合意したことを明らかにした。買収額の10億ドルは現金と株式で支払われる。

Instagramは2010年10月、iPhone向けアプリとして登場した。投稿する写真がポラロイドのような正方形になることや、さまざまなフィルターを使ってエフェクトを簡単に追加できるのが特徴だ。現在の登録ユーザー数は3000万人以上で、4月3日(現地時間)にリリースしたAndroid版は公開初日に100万以上がダウンロードされる人気になった。これまでごく少数の社員で運営してきたことでも知られる。

買収後もInstagramは独立したサービスとして運営を続け、TwitterやmixiなどほかのSNSへの投稿も従来通りInstagramから行えるという。

ザッカーバーグCEOは、FacebookとInstagramが提供する経験が異なることを認識しているといい、「Facebookと統合するより、Instagramの強みと機能を維持していく」方針を明らかにしている。写真共有はFacebookでも重要なコミュニケーションの1つであり、FacebookはInstagramからサービスノウハウを学ぶ一方、Facebookの強力な技術者チームとインフラによってInstagramを強化していくという。

超大型の株式公開を間近に控えるFacebookだが、多くのユーザーを抱える人気サービスを買収するのは初めて。ザッカーバーグCEOは「Facebookにとって重要なマイルストーンだ」とコメントしている。

Instagram共同創業者のケビン・シストロムCEOは、買収に合意したことを同社ブログで報告。「Instagramはなくなるわけではない。われわれはFacebookとともに働き、Instagramを進化させていく。今後も新機能を追加し、モバイルによる写真体験をよりよくするための新しい方法を探り続けていく」とコメント。今まで同様、Instagramの共有をTwitterなどでも行えることを付け加えている。

12月
28
2011

Facebookにお店をひらこう。storelike ファンストア ショッピングカート

Facebookにお店をひらこう。
あなたのファンと、
これから出会うファンに向けて。

storelikeは、Facebookページで使えるショッピングカート。
storelikeなら、ショップ運営のための必要な機能と、お店のファンにとって嬉しい機能が無料で使えます。

お店の運営は全てFacebook上で行うことができ、ファン限定販売やファン限定割引を活用してファンサービスを行うことができます。
お客さまは、お買い物の全ての行程をFacebook内で完結することができ、新たな商品やサービスと出会うことができます。

storelikeを活用すれば、今すぐにFacebookを「新たな市場」に変えることができます。
Facebookにお店をひらきましょう。
あなたのファンと、これから出会うファンに向けて。

年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」